来日ミュージカル 公演情報

ミュージカル『ボディガード』2019年9月10月来日公演 チケット・先行・キャスト情報 東急シアターオーブ(東京)/梅田芸術劇場(大阪)

更新日:

 

2019年9月10月に

ミュージカル『ボディガード』の来日公演が

東急シアターオーブ(東京)・梅田芸術劇場(大阪)にて上演されます!

チケット・先行・キャストなどの情報をまとめていきます。

 

スポンサーリンク

 

『ボディガード』チケット・公演情報

東急シアターオーブ(東京)

2019年9月13日(金)〜10月6日(日)

【チケットぴあ 先行先着】
発売開始:2019/5/18(土) 10:00~
チケットは→チケットぴあ

【Vpassチケット先行】
2019/4/25(木)10:00~
三井住友VISAカード等が必要です。

【一般発売】
2019/6/15(土)10:00~
チケットは→チケットぴあ

 

梅田芸術劇場メインホール(大阪)

2019年10月11日 (金)〜10月20日(日)

【チケットぴあ 先行先着】
発売開始:2019/5/18(土) 10:00~
チケットは→チケットぴあ

【Vpassチケット先行】
2019/5/10(金)10:00~
三井住友VISAカード等が必要です。

【一般発売】
2019/6/15(土)10:00~
チケットは→チケットぴあ

 

スポンサーリンク

『ボディガード』あらすじ

梅田芸術劇場サイト(http://www.umegei.com/schedule/779/)より引用

人気絶頂の歌手レイチェル・マロンは、謎のストーカーに付きまとわれ、敏腕ボディガードのフランク・ファーマーが雇われた。レイチェルは、警備強化のため窮屈な生活を強いるフランクを疎ましく思うが、献身的な仕事ぶりに次第に心を開き、二人は互いに愛し合うようになる。常に行動を共にしてきた姉が殺されてしまうなど危険状況にあることを知りながら、アカデミー賞受賞式への出席を決意する。
狂気を増していくストーカー。歌手人生に命をかけるレイチェル。任務遂行に身を捧げるフランク。家族が、仲間たちが、愛情、友情、恐怖、嫉妬、欲望がうずまく複雑な感情に揺り動かされストーリーは進行していく。

 

1992年にアメリカで製作された映画が原作です。

2012年にウェストエンド(ロンドン)にてミュージカル初演、

世界各国で上演されており、

2019年に日本初上陸となります。

(生演奏・英語上演・日本語字幕あり)

 

『ボディガード」キャスト

レイチェル・マロン役(Wキャスト):アレクサンドラ・バーク、ジェンリー・シャロー

フランク・ファーマー役:ブノワ・マレシャル

 

-来日ミュージカル, 公演情報

Copyright© ミュージカル情報局「ニッシュ」 , 2019 All Rights Reserved.