その他ミュージカル・演劇 公演情報

キンキーブーツ ミュージカル2019再演!(日本語) キャストあらすじチケット情報 小池徹平 三浦春馬 ソニン 東京大阪

更新日:

 

ミュージカル「キンキーブーツ」の日本語版公演が

2019年4月5月に再演されることが決定しました!

キャスト・あらすじ・チケットなどの情報をまとめていきます!

スポンサーリンク

 

キンキーブーツ2019 公演・チケット情報

東京 東急シアターオーブ

2019年4月16日(火)~5月12日(日)
S席 13,500円
A席 12,000円
B席 10,000円

【一般発売】
2018年12月8日(土)10:00~
チケットはコチラ→チケットぴあ

大阪 オリックス劇場

2019年5月19日(日)~5月28日(火)
S席 13,500円
A席 11,500円
B席 9,500円
C席 7,500円
D席 5,500円

【一般発売】
2019年1月19日(土)10:00~
チケットはコチラ→チケットぴあ

スポンサーリンク

 

キンキーブーツ あらすじ

※公式サイトより引用

イギリスの田舎町ノーサンプトンの老舗の靴工場「プライス&サン」の4代目として産まれたチャーリー・プライス(小池徹平)。彼は父親の意向に反してフィアンセのニコラ(玉置成実)とともにロンドンで生活する道を選ぶが、その矢先父親が急死、工場を継ぐことになってしまう。
工場を継いだチャーリーは、実は経営難に陥って倒産寸前であることを知り、幼い頃から知っている従業員たちを解雇しなければならず、途方に暮れる。
従業員のひとり、ローレン(ソニン)に倒産を待つだけでなく、新しい市場を開発するべきだとハッパをかけられたチャーリーは、ロンドンで出会ったドラァグクイーンのローラ(三浦春馬)にヒントを得て、危険でセクシーなドラァグクイーンのためのブーツ“キンキーブーツ”をつくる決意をする。
チャーリーはローラを靴工場の専属デザイナーに迎え、ふたりは試作を重ねる。型破りなローラと保守的な田舎の靴工場の従業員たちとの軋轢の中、チャーリーはミラノの見本市にキンキーブーツを出して工場の命運を賭けることを決意するが…!

↓2016年版の動画です。

 

↓映画版です

 

キンキーブーツ2019 キャスト

チャーリー・プライス 小池徹平
ローラ 三浦春馬
ローレン ソニン
ニコラ 玉置成実
ドン 勝矢
ジョージ ひのあらた
パット 飯野めぐみ
トリッシュ 白木美貴子
ハリー 施 鐘泰(JONTE)

-その他ミュージカル・演劇, 公演情報

Copyright© ミュージカル情報局「ニッシュ」 , 2018 All Rights Reserved.