東宝

「マタ・ハリ」感想・考察 2018年ミュージカル 柚希礼音の色気と加藤和樹・佐藤隆紀の歌かけあいが最高!

投稿日:

 

日本初公演となる

ミュージカル「マタ・ハリ」を観てきましたので、感想をまとめます!

(アルマン:加藤和樹 ラドゥー:佐藤隆紀 ピエール:西川大貴 ver)

スポンサーリンク

 

マタ・ハリ役 柚希礼音の色気!

「マタ・ハリ」の魅力といえば、

なんといっても柚希礼音さんの色気です!

ダンサーとしてセクシーな衣装をまとっての美しいダンスに魅了されます。

「色気」といっても、オジサンが鼻の下を伸ばすような色気ではなくて、

男も女も惚れ込んでしまうような、「美しい」色気です。

柚希礼音さんの美しいダンスを観るためだけに劇場に行っても損しません!

 

感情全開の力強い歌

チラシや公式サイトを見た印象では、

どちらかというと大人っぽい落ち着いたミュージカルかと思っていました。

力強いというより、芸術的な感じかと。

 

しかし、実際観てみると、

力強い演技の数々にやられました。

 

特に、アルマン(加藤和樹)とラドゥー(佐藤隆紀)の歌のかけあいが最高!

かけあい、むしろ「ケンカ」なわけですが、

お互いがお互いの気持ちを爆発させて怒鳴りあうように歌を浴びせ合う。

すごい迫力でしたよ。

 

観に行った回は運よくアフタートークが開催されていて、

その中で「マタ・ハリ」の演出の方向性を垣間見ることができたのですが、

演出側から表現をガチガチに決め切って演じさせるのではなく、

役者の個性や感情を大事にしながら創っているという印象でした。

 

役者さんたちの本物の感情が乗った歌って、心に突き刺さるんですよね。

そんな「心に突き刺さる」歌がたくさん聞ける、素晴らしいミュージカルです。

 

スポンサーリンク

 

お気に入りのシーン・歌

そしてお気に入りのシーン・歌ですが、

マタ・ハリがドイツでスパイを疑われるたびに流れる曲。

マタ・ハリの心の不安を具現化したような、耳に残るメロディです。

 

そして、2幕が上がって2つ目の曲。

戦争に行った男を心配する女性たちの歌。

やられちゃいました。

2幕始まって早々、泣いちゃいました。

 

CD出してくれないかなー。

絶対買う。

スポンサーリンク

 

ラスト10分にやられる

ラストが衝撃でした。

あれ、絶対やられます。

あまりにネタバレ感強いので、内容は書きませんが、

観た人ならわかってくれると思います。

 

まとめ

結論、めちゃくちゃ良い作品です!

観に行く価値あります!観に行かないともったいないです!

チケットぴあとかを見ると、まだ席が残っているようですが、

このすばらしさなら口コミで良さが広がって、売り切れてしまう可能性もあると思います。

チケットゲットはお早めに!

「マタ・ハリ」ミュージカル舞台2018 チケットあらすじキャスト情報

スポンサーリンク

-東宝

Copyright© ミュージカル情報局「ニッシュ」 , 2018 All Rights Reserved.