ミュージカル情報局「ニッシュ」

ミュージカル公演情報や感想、お役立ち情報などを発信!

その他ミュージカル・演劇 公演情報

スーパー歌舞伎II(セカンド)ワンピースをミュージカルファンが観に行った感想を語ります!御園座(名古屋)

更新日:

 

普段ミュージカルばかり観ているミュージカルファンが

「スーパー歌舞伎II(セカンド)ワンピース」を観に行った感想をまとめていきます!

歌舞伎初体験でしたが、めちゃくちゃ楽しかったですよ!

チケットは→チケットぴあ
icon

(名古屋 御園座公演)

スポンサーリンク

 

はじめての歌舞伎に驚きの連続

このようなミュージカルに関するサイトを運営しているだけあって、

私は毎年たくさんのミュージカルを観に行っています。

そのため、劇場に行くこと自体、めちゃくちゃ慣れているのですが、

はじめての歌舞伎に驚きの連続でした。

「スーパー歌舞伎II(セカンド)ワンピース」の感想の前に、

初めて歌舞伎を観に行ったミュージカルファンの驚きにお付き合いください。

 

昼食時間をまたいでの公演

まず不思議に思ったのが、「開演11時」ということ。

ミュージカルのマチネ(昼公演)は12時より後に開演することが多いので、さっそく戸惑いました。

早いよ。昼飯いつ食べよう。

ミュージカルのときは、11時半くらいにランチするのに。

とりあえず、開演前にかるく食べて、終わったらご飯に行こうと思い、御園座の目の前にある「御園小町」という売店へ。

すると、「終演は15時10分です」という声が・・・。

え!?公演が4時間?という驚きと共に、15時まではさすがに我慢できないと思っていたら、さきほど終演時間を言っていたお兄さんが、

「こちらでお弁当を販売しています」と。

 

これを聞いて、

そういえば!歌舞伎って幕間に弁当食べる文化があるんだった!

ということを思い出す私。

(「幕の内弁当」の名前は、幕間に食べる弁当ってのが由来らしい)

 

せっかく初めての歌舞伎なので、弁当を買うことに。

1500円もする弁当をチョイス。

なかなかのセレブ価格でしたが、めちゃおいしかったです。

 

スポンサーリンク

 

まさかの3部構成

ミュージカルって、基本的に休憩1回の2部構成です。

なので、全部で4時間ということは、1時間40分すぎたあたりで休憩だと思っていました。

すると、開演して50分すぎたあたりで、すげービックナンバーが。

ミュージカルファンのみなさんには、「ウィキッド」の「自由を求めて」に近い演出と言ったらわかりやすいでしょうか。

小林幸子的な巨大な演出と言ったらわかりやすいでしょうか。

そんな感じの大がかりなビックナンバー。

 

それが終わると、緞帳が閉まり、客席の照明がつきます。

まさかの開演50分後で休憩。

ここで気が付きました。

「あ、休憩2回あるのか」

 

歌舞伎では、休憩が2回以上あるのが一般的だとか。

 

客席で弁当を食べる

はい、これ、ミュージカルの劇場では怒られるやつ(例外もあります)

基本的に劇場って、客席での飲食は禁止なのです。

 

しかし、休憩を始まった途端、

おもむろに弁当をとり出し食べ始める観客たち。

 

歌舞伎では、客席で食べるのが一般的なようです。

 

郷に入りては郷に従えということで、私も客席で弁当を。

普段、飲食禁止の客席で何か食べている客がいたら睨んでいる私にとって、

これは禁断ともいえる行為。

なんとなく背徳感を覚えながらも、劇場で食べる1500円の弁当はめちゃくちゃうまかったです。

調子に乗って、売店で売っている御園座限定「手作りアイス最中(350円)」も購入。

客席でバリバリ食べてやりました。

客席で食べるの、案外いいものですね。

 

しかし、くどいようですが、一般的な劇場は客席では飲食禁止です

飲食発見したらしたら睨みますよ。

 

スポンサーリンク

 

掛け声(大向こう)

お客さんが「〇〇屋!」とかいうやつですね。

正式には「大向こう」っていうらしいです。

始めて聞きました!感動しました!

これぞ歌舞伎の醍醐味!って感じでした。

 

水上ショーあり、アクションありの超エンターテインメント

はい、ここからは「スーパー歌舞伎II(セカンド)ワンピース」の感想です。

(多少ネタバレがありますのでご注意ください)

 

観に行く前は、「伝統的な歌舞伎で演じるワンピース」だと思っていました。

しかし、これは「スーパー歌舞伎」

何でもありの超エンターテインメントでした。

 

伝統的な歌舞伎ではなく、

現代的なお芝居に、歌舞伎の要素をふんだんに取り入れた、というイメージかと。

歌舞伎の格好いい部分を活かしながらも、お客さんを楽しませ驚かせる演出を積極的に取り入れる。

観る人が「楽しい!」と思えることにこだわりぬいた作品だと感じました。

歌舞伎って、難しそうなイメージを持ってしまいがちだし、私自身もそうだったのですが、

単純にめちゃくちゃ楽しくて、4時間があっという間でした。

 

アクションや現代的なダンスも多く、歌もあり、

ミュージカル好きの大好物も含まれていて満足でした。

 

一番驚かされたのが、大量の水を使ったシーン。

滝のような流水や、水を使って滑るなど、テーマパークでしか見たことないような演出でした。

(そのシーンでは、ステージ前の席のお客さんは、カッパ的なものを着ていました。テーマパーク的な)

 

ワイヤーアクションでルフィ飛んでたし。

 

くどいようですが、めちゃくちゃ楽しい4時間でした!

今度、伝統的な歌舞伎も観に行ってみようかと思います。

 

スーパー歌舞伎をきっかけに伝統的な歌舞伎を観に行きたいと思える人が増える。

そんなすばらしい作品だと感じました。

 

ちなみに、わたしは歌舞伎だけでなく、ワンピースに関してもそこまで詳しくありません。

麦わら一味の中に、2名ほど存じ上げない方がいらっしゃいました。そんなレベルです。

それでも楽しめました。

 

スポンサーリンク

 

ミュージカルファンがニヤリの小ネタ

ワンピース歌舞伎、「笑い」が結構たくさんありました。

中には結構しょうもない小ネタもあったのですが、

その一つに、ミュージカルファンなら一瞬で反応してしまうような小ネタが・・・。

 

ミュージカルファンでなくても知っているような有名な曲とシーンをパロッってます。

気になる方は、ぜひ観に行ってみてください。

 

最後に

初めての歌舞伎。

めちゃくちゃ楽しかったです。

初めてで驚きの連続でしたが、

こう考えると「初めてミュージカルを観に行く人」も同じような気持ちを持ってるんだなぁと実感。

(自分もはるか昔、初めてミュージカルを観に行ったときは衝撃受けまくりでした。ライオンキングでした)

 

今後も続いてほしいです。スーパー歌舞伎。

伝統的な歌舞伎ファンの中には批判的な方もいるかもしれませんが、

これをきっかけに歌舞伎ファンが増えて歌舞伎文化の盛り上がりに貢献していることでしょう。

実際、私自身も次は伝統的な歌舞伎を観に行きたいと思えましたし。

 

以上、ミュージカルファンがスーパー歌舞伎を観に行った感想でした。

チケットは→チケットぴあ

スポンサーリンク

-その他ミュージカル・演劇, 公演情報

Copyright© ミュージカル情報局「ニッシュ」 , 2018 All Rights Reserved.