東宝 公演情報

「プリシラ」ミュージカル2019年再演決定!キャストあらすじチケット情報 山崎育三郎 ユナク 古屋敬多 陣内孝則

更新日:

 

2016年に上演されたミュージカル「プリシラ」が、

2019年3月より再演されることが決定しました!

キャスト・あらすじ・チケット情報などをまとめていきます!

スポンサーリンク

 

プリシラ チケット・公演情報

※価格はすべて税込

東京 日生劇場

2019年3月9日(土)~3月30日(土)
S席 13,000円
A席  8,000円
B席  4,000円

【先行販売(東宝ナビザーブ)】
先行抽選エントリー:11月27日(火)~11月30日(金)
先行先着販売:12月9日(日)10:00より販売受付開始

【一般販売】
2018年12月15日(土)~

スポンサーリンク

 

プリシラ あらすじ

※公式サイトより引用

舞台はオーストラリア。

仕事も私生活もうまくいかないドラァグクイーンのティック(山崎育三郎)に、別居中の妻・マリオンから電話がかかってきた。
最近、息子のベンジーがティックのことを知りたがっているのだという。

ティックはベンジーと会ったことがない。ドラァグクイーンである自分には父親の資格がないではないかと悩んでいた。

マリオンはそんなティックに対し、自らが支配人を務めるカジノでドラァグクイーンのしぃーをやってほしいと依頼。
そこでベンジーにも会って欲しいと伝える。

内心迷いながらもティックは、誇り高いトランスジェンダーであるバーナデッド(陣内孝則)と、若くてエネルギッシュなゲイであるアダム(ユナク/古屋敬多)の2人に声をかけ、共にカジノへと向かうことに決める。向かう先に分かれた妻子が待っていることを秘密にしたまま・・・。

カジノがあるのは、オーストラリア大陸中央に位置する砂漠ど真ん中の街。
3人は「プリシラ号」と名付けたバスに乗って、海辺の街から3千キロの旅を始める。
道中に待ち受ける強烈な事件やキャラクターに遭遇する中で、3人はそれぞれが抱える孤独と愛に向き合うことになる。

↓2016年版のダイジェスト映像です。

 

↓映画版が原作です。

 

プリシラ キャスト

・ティック(ミッチ):
山崎育三郎

・アダム(Wキャスト):
 ユナク・古屋敬多(Lead)

・バーナデッド:
陣内孝則

・DIVA:
 ジェニファー・エリアンナ・ダンドイ舞莉花

・ミス・アンダースタンディング(Wキャスト):
 大村俊介(SHUN)・オナン・スペルマーメイド

・ボブ:石坂勇

・マリオン:三森千愛

・シンシア(Wキャスト):
 キンタロー。・池田有希子

-東宝, 公演情報

Copyright© ミュージカル情報局「ニッシュ」 , 2018 All Rights Reserved.