東宝 観劇感想

ミュージカル『レベッカ』感想(2018年2019年版公演)山口祐一郎/桜井玲香/涼風真世 愛知(刈谷)初日

投稿日:

 

2018年12月、

ミュージカル『レベッカ』の愛知(刈谷)公演初日を観てきました!

感想をまとめていきます!

 

スポンサーリンク

 

展開にはらはらするミステリーミュージカル

そもそも、『レベッカ』ってどんな物語?と思っている方も多いのではないでしょうか。

原作は、イギリス作家ダフネ・デュ・モーリア の1938年の小説です。

 

内容は本格的なミステリー・サスペンスです。

 

ミュージカルの中には、ストーリー展開を予想しやすい作品、結末がわかっている作品も多いのですが、

『レベッカ』は最後の最後まで展開に気が抜けません。

 

まさに「ネタバレ厳禁」な作品です。

ネタバレすると、楽しみが半減してしまうでしょう。

この感想記事でも、ネタバレしないように注意して書いていきます。

(公式サイト記載のあらすじ以上のストーリーを書かないようにします)

 

最大の見どころは、ダンヴァース夫人(涼風真世・保坂知寿)の歌

『レベッカ』の見どころは何?と問われたら色々ありますが、

最大の見どころは、

ダンヴァース夫人(涼風真世・保坂知寿)の歌

ではないでしょうか。

 

↑の『レベッカ』特報で、メインで歌っている女性がダンヴァース夫人です。

 

「レ~ベッカ~♪」と歌うこの曲は、

まさしくこのミュージカルの顔ともいえる楽曲。

そんな重要な楽曲を、主人公ではないダンヴァース夫人が歌っているのです。

 

ちなみに、私が観に行った回は、

「わたし」役が乃木坂46の桜井玲香さん、

ダンヴァース夫人役が涼風真世さんでした。

 

普段、ミュージカル劇場には少ない若い男性客が多かったことから、

ミュージカル初の乃木坂ファンの方が多かったのでしょう。

 

彼らの方から

「てか、ダンヴァース、歌うますぎやし」

って聞こえてきました。

 

あんな凄い歌声、生で聴く機会なんてそうそう無いですからね。

ミュージカル初の方々は圧倒されたことでしょう。

 

これをきかっけにミュージカルにハマっていって、

ミュージカルファンになる人たちが増えていくと嬉しいです。

 

スポンサーリンク

前妻レベッカの姿が、見えてくる

公式サイトのあらすじにも書かれているように、

「レベッカ」はマキシム(山口祐一郎)の亡くなった前妻のことです。

 

「わたし」(大塚千弘・平野 綾・桜井玲香)は、

レベッカが亡くなった後にマキシムと結婚しますが、

マキシムの屋敷には亡きレベッカの面影が強く残っています。

 

キャスト表を見てレベッカ役がないことからもわかるように、レベッカは登場しません。

しかし、レベッカがあたかも舞台上に存在しているような、不思議な空気感を作り上げています。

 

そこにはいないレベッカが、登場人物たちを追い詰めていく。

登場人物たちの会話だけでなく、先ほども書いたダンヴァース夫人の歌が、レベッカの存在感をさらに強いものにしていきます。

 

 

乃木坂46桜井玲香の好演

「わたし」役として

東宝ミュージカル初出演の乃木坂46の桜井玲香さん

 

歌うまいです。

演技うまいです。

 

『モーツァルト!』のコンスタンツェ役などミュージカル界で大活躍中の乃木坂46の生田絵梨花さんも素晴らしいですが、

乃木坂46は凄い人が多いですね。

 

桜井玲香さん演じる「わたし」は、

初々しさや純粋さが求められる役です。

 

東宝ミュージカル初出演という初々しさが役と重なって、

心をとらえるものがありました。

 

今後もミュージカルどんどん出演して活躍していってもらいたいですね。

 

スポンサーリンク

さいごに

ミュージカル『レベッカ』の感想をまとめました。

 

ふらっとチケット残席を見てみたら、

東京公演は完売間近、

大阪・福岡公演は比較的残っているようです。

 

東京公演のシアタークリエは座席数が少なめの劇場なので、

東京で観ようと考えている方は、チケット手配お早めに~。

 

『レベッカ』チケットは→チケットぴあ

ミュージカル『レベッカ』公演情報まとめ

-東宝, 観劇感想

Copyright© ミュージカル情報局「ニッシュ」 , 2019 All Rights Reserved.