viagogoはチケット転売仲介サイトなので注意!返金・キャンセル不可などトラブルで消費生活センターへ相談相次ぐ

2019年9月13日

消費者庁がチケット転売仲介サイト「viagogo」を名指しで注意喚起しました。

一見、チケット転売仲介サイトとは思えないため、

知らずにチケットを購入してしまった人も多いようです。

そこで、viagogoやチケット転売サイトの注意点をまとめていきます!

 

チケット転売サイトにみえにくい

チケット転売サイトといえば、

「流通」とか「ストリート」とか、閉鎖された「キャンプ」などありますが、

これらは、チケットは誰かが出品しているものだとわかりやすくなっています。

(いや、だからOKってわけじゃないです。高額転売反対!)

 

一方、viagogoは、転売サイトにみえにくいのです。

 

そのため、チケットが届いたときに、

他の人の名前が印字されていて、初めて転売サイトだったとわかった人もいるようです。

 

ながーい規約には

転売サイトだということが理解できる記述がたくさんありますが、

規約を読まずに買った人は、転売サイトとは気づきにくい作りになっています。

 

 

キャンセル・返品・返金は不可

viagogoの注意事項や規約を読むと、

返品不可でキャンセル・返金・交換は行わない旨が明記されています。

 

チケット購入後に初めて転売サイトだと知って、

キャンセル・返金を求めても、応じてもらえません。

 

なお、正規のチケット販売サイトでも、

多くの場合キャンセル・返品は不可です。

 

しかし、転売サイトだとわからないまま購入し、

転売サイトと知って不安になってキャンセルしたくてもキャンセルできないことが問題だと思います。

 

検索トップに出るので、正規だと勘違いしてしまう

例えば、検索サイトで何かのミュージカルの題名を検索すると、

viagogoが一番上に出てくることがあります。

 

でも、よーく見てください。

下の方に「広告」表示されていると思います。

 

googleなどの検索サイトでは、

広告費用を支払って検索の上の方に表示される仕組みがあります。

 

viagogoは広告を利用して検索の上の方に出てくるので、

正規のチケット販売サイトだと勘違いしてしまうのです。

 

このような事態に対し、

ミュージカル興行主が注意喚起する事例も、最近よく見かけます。

 

高額転売も多数!

viagogoで確認してみたら、

ミュージカルのチケットが90,000円などを発見しました。

これは、明らかに高額転売です。

気をつけましょう!

 

チケット転売サイトで買うのはやめよう!

2019年6月14日

不当な高額転売などを禁止する「チケット不正転売禁止法」が施行され、

悪質な不正転売は違法となりました。

 

また、東宝やホリプロ、劇団四季などミュージカルでも、

転売が確認された座席チケットに関しては入場できないなど、厳しく対応していく旨を発表しています。

 

売る側・買う側どちらにとってもリスクが大きくなっているため、

チケット転売サイトなど怪しいところ悪質なところでチケットを購入することは絶対にやめるようにしましょう!

 

そして、viagogoは転売サイトだと認識するようにしましょう!

 

消費者庁サイト:チケット転売の仲介サイト「viagogo」に関する注意喚起