宝塚 観劇感想

宝塚歌劇団 雪組『ファントム』感想 (千秋楽ライブビューイング) 感情移入し泣けるストーリー 望海風斗/真彩希帆/彩風咲奈

投稿日:

 

2019年2月10日

宝塚歌劇団雪組『ファントム』千秋楽ライブビューイングを観てきました!

感想をまとめていきます!

 

スポンサーリンク

劇団四季『オペラ座の怪人』との比較

『ファントム』といえば、

劇団四季『オペラ座の怪人(アンドリュー・ロイド=ウェバー)』と原作は同じです。

 

熱狂的なオペラ座ファンの私としては、

どうしてもオペラ座の怪人と比較してしまうのですが、

 

基本的な設定のみが同じで、

全く別のミュージカル作品と考えた方がいいでしょう。

ストーリーが全然違います。

 

『オペラ座の怪人』はファントムについて「多くを語らない」のが特徴だと思います。

観客がファントムについてあれこれ考える余地が残っているのですね。

その分、1回の観劇ではよくわからないこともあり、何度も通ってしまううちにハマってしまう作品だと私は思っています。

 

一方の宝塚『ファントム』は、

ファントム(エリック)の生い立ちや心の動きがしっかり描かれています。

そのため、1回の観劇でも感情移入しやすいと思います。

私も感情移入してしまい、泣いてしまいました。

(まわりの方々もハンカチが手放せなかったようです)

 

感情移入しやすいストーリー

さて、先ほども書きましたが、

『ファントム』の特徴は、感情移入しやすいストーリーだと思います。

 

ファントム(エリック)がひとりの悩める青年として描かれており、

観客にとって、自分とエリックを重ね合わせることができる瞬間が多いです。

 

エリックにとって、

人に見せたくない、見せるのが怖いのは

生まれ持った醜い顔でした。

 

人は誰しも、

外面であれ内面であれ、

人に見せたくない・見せるのが怖い部分があるはずです。

 

そんな人の心を

エリックという悩める青年が代弁してくれるからこそ、

深い共感を得て泣いてしまうのではないでしょうか。

 

スポンサーリンク

トップスター望海風斗の伸びやかな歌声

今回、雪組『ファントム』観に行き、

とにかく圧倒されたのが、

トップスター望海風斗さんの伸びのあるステキな歌声

 

すごすぎです。

ずっと聴いていたいです。

 

ライブビューイングということもあり、

望海風斗さんの顔をアップで観ながら歌声を聴くことができました。

しびれました。

 

梅田芸術劇場版『ファントム』も楽しみに

2019年11月より、

梅田芸術劇場企画の『ファントム』が上演されます。

ファントム(エリック)役には城田優さんと加藤和樹さん。

 

力強い歌声ながら、

繊細さを兼ね備えているお二人にピッタリな役だと思います。

 

楽しみになってきました。

梅芸版『ファントム』2019年公演 詳細

 

スポンサーリンク

最後に

2019年2月10日

宝塚歌劇団 雪組『ファントム』千秋楽

ライブビューイングを観に行った感想をまとめました。

 

2月12日には、

ブルーレイ(DVD)・CDも発売されるようですね。

宝塚クリエイティブアーツ

 

買おうかな・・・。

-宝塚, 観劇感想

Copyright© ミュージカル情報局「ニッシュ」 , 2019 All Rights Reserved.