お役立ち情報

ミュージカル観劇用のオペラグラス(双眼鏡)は何倍がおすすめ?低倍率(5倍)にミュージカルマニアが買い替えてみた

更新日:

 

ミュージカル鑑賞用のオペラグラス(双眼鏡)を買い替えました!

実際に使ってみた感想や、購入する候補となった商品の紹介をまとめていきます!

 

スポンサーリンク

 

ずっと使っていた双眼鏡

私がずっと愛用していた双眼鏡はこちら。

倍率は8倍です。

 

2015年に購入時に3,700円くらいだったと思いますが、これもめちゃ良いです!

帝国劇場とか東急シアターオーブとかの最後列でも役者さんの表情がはっきり観えます!

 

しかし、いくつか気になることが・・・

その原因は、実は倍率が高いことにあったようです・・・。

 

倍率が高い双眼鏡のデメリット

倍率が高いほど良いように思いますが、ミュージカル観劇においては、そうとも限らないようです。

 

倍率が高いと、一人の役者さんのアップになってしまって、

周りのアンサンブルさんたちの表現が観えない!ということになりがちです!

 

ミュージカルでは、

・メインの歌い手+バックダンス

・2人のデュエット

などの構成が多いです。

 

こういう時、1人の役者さんだけでなく、全体を観たいのですよね。

 

しかし、

倍率が高いと、観える範囲が狭くなって、

1人の役者さんだけしか観えない・・・(泣)

なんてこともよくあります。

 

さらに、倍率が高くなると手ブレしやすくなるのです・・・。

 

スポンサーリンク

 

ミュージカル観劇では、低倍率(5倍)のオペラグラスの方がいいのでは?

倍率が高いと、↑のようなデメリットが生じることが、8倍のオペラグラスを使っていて感じていることでした。

 

そこで、今回、低倍率の5倍のオペラグラスにチャレンジしようと思い立ったわけです!

 

しかし、問題が・・・。

5倍のオペラグラス(双眼鏡)って、あんまり種類がない・・・。

 

種類が少ない中、がんばってリサーチしてみました!

オリンパスやニコンなどの大手有名メーカー以外にも素晴らしい双眼鏡メーカーがたくさんあることもわかりましたよ!

 

ミュージカル観劇向けの5倍のオペラグラス

日の出光学「ヒノデ 5×20-A4」

日の出光学「ヒノデ 5×20-A4」

Amazon
楽天市場
Yahoo!ショッピング

「日の出光学」というこだわりの双眼鏡・望遠鏡を販売する会社の商品。

会社名を初めて目にする方も多いかもしれませんが、

商品の評価は非常に高く、公式サイトには双眼鏡の知識をわかりやすく解説していて、とても参考になります。

【仕様】
・倍率 :5倍

・実視界 :11°
・アイレリーフ:16mm
・明るさ:16
・重さ :266g

※仕様の意味については、コチラで解説しています。

 

SIGHTRON(サイトロン)「SAFARI 5×20 SAB021」

SIGHTRON(サイトロン)「SAFARI 5×20 SAB021」

Amazon
楽天市場
Yahoo!ショッピング

SIGHTRON(サイトロン)は、ハンティング用のライフルスコープや双眼鏡、望遠鏡などを製造するアメリカのメーカーです。

日本にも製造拠点があり、自社で一貫して製造・販売している世界でも数少ない光学メーカーだそうです。

【仕様】
・倍率:5倍

・実視界:10.2°
・明るさ:16
・アイレリーフ:15.5mm
・重さ: 259 g

※仕様の意味については、コチラで解説しています。

 

ケンコー・トキナー「5×20FMC HG」

ケンコー・トキナー「5×20FMC HG」

Amazon
楽天市場
Yahoo!ショッピング

カメラに詳しい方なら、トキナーと聞いてピンとくるのではないでしょうか。

有名なカメラレンズの大手メーカーですね。

双眼鏡や望遠鏡も数多くの種類を販売しています。

【仕様】
・倍率:5倍

・実視界:10.2° 
・明るさ:16
・アイレリーフ:15.5mm
・重量:254g

※仕様の意味については、コチラで解説しています。

 

購入したのはSIGHTRON「SAFARI 5×20 SAB021」

悩んだ末に購入したのが、SIGHTRONの「SAFARI 5×20 SAB021」

SIGHTRON「SAFARI 5×20 SAB021」

Amazon
楽天市場
Yahoo!ショッピング

 

決め手は、結局値段でした(笑)

 

「ヒノデ 5×20-A4」が実視界が大きいので一番欲しかったのですが、

やはりお値段がするということで、いちばんお安いやつに。

スポンサーリンク

 

SAFARI 5×20 を使ってみた感想

観える範囲が広い!

さすが低倍率!

めちゃ広い範囲で観えます!

 

これを初めて使ったのが、1階席25列目くらい。

席種はS席なので、オペラグラスを使うには近すぎるかもしれません。

 

検証のため、8倍のやつも一緒に持っていきました。

8倍だとやはり、一人の役者さんをしっかり観るには良いのですが、全体が観えない。

しかし、これを使うと、結構広い範囲で観えます!

 

明るい!

そして、びっくりしたのが明るさ。

めちゃ明るいです!

 

8倍のやつと比べてみても、一目瞭然。

むしろ、肉眼より明るい!

 

倍率が低い分、役者さんの顔は遠く見えますが、それでも明るいので表情が読み取れます!

 

スポンサーリンク

 

鮮やか!

めちゃ鮮やかに見えます!

 

光学に詳しいわけではないので、理由はよくわかりませんが、

実際、色合いが鮮やかで美しく見えます。

 

スポンサーリンク

 

まとめ

低倍率(5倍)のオペラグラス(双眼鏡)を使ってみた感想と、

購入する候補となった商品を紹介していきました!

 

ちなみに、私は8倍より5倍の方が合っていると感じましたが、

役者さんの表情をしっかり観たいなど、人によっては8倍が合っている方もいると思います。

 

8倍のオペラグラス(双眼鏡)については、他サイト様・ブログ様にて紹介されているので、参考にしてくださいね。

自分に合ったミュージカル観劇用のオペラグラス(双眼鏡)を見つけよう!仕様の意味を徹底解説!オペラグラスと双眼鏡の違いも

-お役立ち情報

Copyright© ミュージカル情報局「ニッシュ」 , 2018 All Rights Reserved.