音楽座ミュージカル『7dolls』感想 とにかく「すごいミュージカル」の一言

2019年11月9日、草月ホール(東京)にて

音楽座ミュージカル『7dolls』を観てきた感想をまとめます!

↑2010年公演のPVです。

 

一言、「すごいミュージカルを観た」という感想

最初にお伝えしたいこと。

とにかく、

「すごいミュージカルだった」

ということ。

 

芝居・歌・ダンス・物語、どれをとっても素晴らしい。

それぞれについて感想をまとめていきます。

 

役者さんたちの演技力が高すぎる。

開演してすぐに物語に心が引き込まれてしまったのは、

役者さんたちの演技力が高かったらだと思います。

 

特に、主演をつとめている森彩香さん。

小柄で可愛らしい見た目で、

穏やかな性格の主人公ムーシュ役にぴったりな印象。

 

穏やかなキャラって、個性的なキャラに比べて演じるの難しいと思いますが、

とても魅力的に演じていました。

 

また、今回一人二役で出ている役者さんもいるのですが、

恥ずかしながら、物語後半まで、同じ人が演じていると気づきませんでした。

すごい演じ分けです。

 

 

歌の表現力がすごい

主演の森彩香さんをはじめとして、

歌の表現力がすごい。

 

主人公ムーシュは、穏やか目の性格のため、

歌も序盤は基本的に穏やかで可愛らしい感じでした。

 

しかし、物語が進むにつれて、

ムーシュの感情が高まってくとき

「こんなパワフルな声出せる方だったの!?」

と驚く力強い歌声。

 

芝居力の高さも相まって、めちゃくちゃ心に響いてきました。

ミュージカルは頻繁に観に行ってるけど、歌でここまで心打たれた経験はそんなに無いです。

 

アクロバティックなダンス

ダンスもとても見ごたえがありました。

 

上手い、なんてものじゃない。

表現が斬新だし、とてもアクロバティック。

 

出演者を持ち上げて、グルングルンしてるんですよ。

シーンの緊迫感を引き立たせているし、なによりパフォーマンスが美しい。

 

観ていて驚かされます。

 

深みのある何度も観たくなるストーリー

『7dolls』は、人形劇団の物語なのですが、

ストーリーの中で「人形」の扱いがとても巧み。

 

「このミュージカルにおける人形とは何者なのか。そして、人間とは何者なのか。」

なんてことを考えさせられます。

 

気が付けばストーリーにはまっていて、

どんな結末になるのか、ワクワクしながら観てました。

 

そして、観終わった後も、もう一度最初から観たくなる。

クセになるストーリーです。

 

 

最後に

音楽座ミュージカル『7dolls』を観に行った感想をまとめました。

とにかく、凄かった、の一言です。

音楽座のオリジナルミュージカルのすばらしさを、改めて実感しました。

 

2020年には、東京・大阪だけでなく、名古屋や広島でも上演が行われるようです。

私が住んでいる名古屋にも来てくれるようなので、絶対観に行こうと思います!